人生は割と想定外

人生は割と想定外

様々なジャンルのニッチな話題を一方的な独断と偏見で深掘りしてく雑記ブログ

使用済みの豆苗を育ててみたらヤバかった

f:id:masayukinoko:20191103235524j:plain

ども。masayukinokoです。
豆苗うまいですよね。基本的にどんな料理にでも合いますしどこのスーパーでも必ずといっていいほど置いてます。何よりも一袋100円という圧倒的なコスパ。大好き。

我が家でも割と出現率の多い野菜なのですが、これまで一度使ったら捨ててました。
ただ、いつも袋の裏面に再収穫できる云々が書いてあり、内心「本当かよ・・」と思っていましたが今回初めて豆苗の再収穫にチャレンジしてみました。

 

1日目(使用当日)

f:id:masayukinoko:20191103235720j:plain

この日はみそ汁にぶち込むために買ってきた豆苗を袋から出して包丁で根元付近を程よくカット。
とりあえずあり合わせのタッパーに水を入れてはげ山になっている豆苗を投入。以上。終わり。
成長の源となる水分については流石に水道水だとアレなのでミネラルウォーターを使用。
豆苗の裏袋のようなイメージ図(フッサフサ!)みたいに育つことはないだろうと思っていました。

 

2日目

f:id:masayukinoko:20191103235841j:plain

全体的にはそこまで変わらないものの、根元あたりがややワサワサしている気がする。
目を凝らしてアップでみてみると、前回使用した切り口のところから水分を吸収してみずみずしく、植物って生きてるんだ!と無駄に感動を覚える。
※水換え用をスムーズにするために根っこの部分に仕切り網を投入。

 

3日目

f:id:masayukinoko:20191103235927j:plain


まだ数本程度であるが勢いよく伸びている豆苗を発見。思わず二度見。
上部アングルだけでは伸び具合がよくわからないので横からの撮影も開始。
根元あたりのワサワサがさらに増した印象。
カットした部分は2日目までは水分も確認できたが3日目に入り表面が乾燥し、代わりに直下の枝分かれした部分が伸びつつある。

 

4日目

f:id:masayukinoko:20191104000015j:plain


3日目に数本程度だった伸びがさらに加速。
既に伸びているやつはさらに爆伸び、伸びがイマイチだった部分も本格的に成長し始める。
本数的にまだ収穫レベルには程遠いが素人が育ててもこんなもんだろうかと妙に納得。

 

 

5日目

f:id:masayukinoko:20191104000151j:plain

4日目と見た目はそこまで変わらず、爆伸びゾーンの豆苗の成長も緩やかになった模様。
強いて言えばイマイチゾーンややや成長しているようであるがパッと見はそこまでわからない。

 

6日目

f:id:masayukinoko:20191104000116j:plain


この日は会社の飲み会で深夜に帰宅。
部屋の電気をつけてビビる。前日の面影がないと思うほど再び爆伸びを開始していた。
また、全体的に成長しておりスカスカだった面影が見当たらない。豆苗全体から成長への意気込みを感じる。ようやく豆苗らしくなってきた。根っこも長くなり臨戦体制に突入。

 

 

7日目(朝)

f:id:masayukinoko:20191104000347j:plain


カメラに収まらないくらい伸びてきた。猛り狂っている。
生への渇望がとてつもなく、食べるのが申し訳ない気持ちになってきた。
これまで室内のライトのみであったが天気が良いので朝からベランダに置いて日光をたくさん浴びさせる。

 

f:id:masayukinoko:20191104000439j:plain

 

 

7日目(夕方)

f:id:masayukinoko:20191104000538j:plain
所用を済ませて帰宅。ベランダに置いていた豆苗を回収。
全ての豆苗がまっすぐに伸び、西日に照らされて神々しい。凛々しさすら感じる。
そろそろ食べごろかと思ったが、もう少しだけ粘ってみようと思う。

 

8日目

f:id:masayukinoko:20191104000717j:plain

1本1本が細く弱々しかった面影は何処へやら?茎は猛烈に伸びて葉も大きく、豆苗感というよりも雑草感が出てきた。若干ではあるが野生を感じる。成長が止まる気配は全くない。

 

まとめ(というか今現在の進捗)


この記事を書いている今日が9日目だったりするのですが、完全に前回使用したくらいの大きさに成長してくれました。最初こそ「再収穫できたらいいな」くらいの気楽な気持ちでしたが、成長が楽しみになってきたのでどこまで成長するのかをみてみたくなってきました。

 

9日目がこちら

f:id:masayukinoko:20191104000813j:plain

 

 

根っこもすごい

f:id:masayukinoko:20191104000849j:plain


で、一番伸びている豆苗が長くなってしまい下に垂れ下がるかと思ってどうしようかと思っていましたが、間近でみてみて衝撃。なんと長くなった豆苗が他の豆苗に蔓を伸ばして巻きつき、垂れ下がりを防いでいました。豆苗スゲエ!植物スゲエ!もっと成長が見たい!

f:id:masayukinoko:20191104000921j:plain

豆苗ハンパねえ…

 

もともとの目的であった再収穫はいつにしようか…考え中です。

豆苗買ったら捨てずに再利用しましょう!

 

 

【所要時間15分】無限に食える!にぼしペペロンチーノの作り方を紹介したい

ども。masayukinokoです。

平日はサラリーマン、土日は主婦業(家事全般)という日々を過ごしています。

冷蔵庫のあり物で色々作ってますが、この前作ったパスタが家族にえらく好評だったので備忘録もかねてこちらに記すことにしました。

 

無限に食える!にぼしペペロンチーノの作り方 

f:id:masayukinoko:20190908003226j:plain

 

材料 

・パスタ
・オリーブオイル
・にんにく(チューブタイプでOK)
・にぼし粉末(粉末だしでもOK)
・塩コンブ 

 

これだけ。料理をするようになってから調味料の偉大さに感銘を受ける日々です。

数ある調味料の中で最も使うのがにんにくチューブ。和洋中問わず使えるし本当に万能。

 

f:id:masayukinoko:20190908003819j:plain

 

フライパンでパスタを茹でます。

 

入れる水の量はフライパンに対し半分くらい。目分量で良いです。

 

僕が使っているフライパンは底が深めのタイプで、鍋で作る系の料理もこれ一つで事足ります。

 

f:id:masayukinoko:20190908003954j:plain



塩を気持ち多めで入れて袋に書いてある通りの時間で茹でます。

 

パスタを茹でるときは基本的には鍋を使うかと思いますが、後片付けが大変なので僕はいつもフライパンを使っています。鍋を使わないってだけでほんと楽です。

 

f:id:masayukinoko:20190908004204j:plain



パスタが茹で上がったらザルにあげておきます。

 

 

f:id:masayukinoko:20190908004226j:plain



フライパンにオリーブオイルを気持ち多めに入れます。

「気持ち多め」ってのは結構重要なので説明は後ほど。

 

f:id:masayukinoko:20190908004326j:plain



にんにくチューブを5センチくらい、弱火で1分くらい炒めます。

中火や炒める時間が長いとにんにくが跳ねてヤケドする恐れがあるだけでなく、にんにくの風味もなくなる気がします。主観ですが。

 

 

f:id:masayukinoko:20190908004358j:plain



この料理の主役、にぼしの粉末を入れます。

にぼしの粉末はそのまま使うにはエグ味を感じるため、炒めることでエグ味を飛ばすことができます。

 

f:id:masayukinoko:20190908004457j:plain

 

弱火で2分くらい炒めるとにぼしの旨味が出るのでじっくり炒めます。

 

f:id:masayukinoko:20190908004551j:plain

 

茹でたパスタを鍋に戻して炒め、塩コンブを入れます。分量は1人前に対しひとつかみくらいで良いです。あまり入れすぎるとしょっぱいので控えめで。

 

f:id:masayukinoko:20190908004619j:plain

 

完成!

 

口に入れた瞬間、煮干しがガツンと口の中で広がり、塩コンブとにんにくの旨味が後から追いかけてきます。

 

煮干しラーメンが好きな人だったら絶対に好きだと思います。反対に煮干しや魚介系が苦手な人は微妙かも…。

 

とりあえず記事を書いている途中から食べたくなってきたので今日はこの辺で。

 

もし食べた方がいらっしゃったら感想聞かせてください!

 

一方通行の多さと民度の低さは比例する

f:id:masayukinoko:20190901235015j:plain

 

これは生まれも育ちも東京都葛飾区という友人A氏の持論。

 

今年に入ってから色々なタイミングが重なり車を所有することになりまして、僕の住んでいる千葉県は東京の東側と隣同士だったりするので車でドライブがてら買い物したり釣りに出かけたりと、行く機会がとても増えました。

 

車を所有する前にはそこまで気にならなかったのですが東京の東側は住宅街に入ると路地が多くて一方通行がとても多いです。

 

以前住んでいた東京の南側や西側(北側は踏み込んだことがないので印象不明)は同じ住宅街であっても区画整理されているところも多かったので車で進みにくくても極端な一方通行はそこまでありませんでした。

 

先日も友人A氏を迎えにいくために東京都葛飾区の幹線道路から1本入った路地へ。友人A氏の自宅近くに近道でいけるルートのため、危険を承知で入りました。

 

入ってすぐ気づいたのですが、どうやら僕が入った道は近道ルートではなく、一つ手前の路地だったのです。

 

目の前の幹線道路に出たいのに、そこに出ている標識は進入禁止の標識と左側一方通行の標識。

 

一方通行が指し示す方向に目をやれば、両脇に植栽が広がりたくさんの放置自転車が道路ギリギリに並んでおり、どう見ても車が通れる道ではありませんでした。

 

仕方なく車をゆっくり走らせ自転車に当たらないようにゆっくり進んでいると、後ろからベンツらしき白の高級車が。

 

ここから先はいわゆる煽り運転的な話ですが、あからさまに自分の車にぴったりと付いてくる始末。

 

一方通行の先は右側への一方通行、そして次も左側への一方通行…。

 

その間ぴったりと付いてくる白のベンツ…。

 

とにかくこの状況から逃げたい一心で広い道に出て、道沿いのコンビニへ避難。

 

時間にして数分だったと思いますが、正直生きた心地がしませんでした。

 

友人の自宅から近かったこともあって結局コンビニまで来てもらい事の顛末を話したらA氏曰く、「一方通行の多さと民度の低さは比例する」との見解でした。

 

特に葛飾区(A氏が住んでいる地区)は交通マナーがとてつもなく悪く交通事故や渋滞も頻繁に多かったこともあり最近になって一方通行に変更された道が増えたらしく、思わず納得。

 

加えて、なぜか昼間にも関わらず警察が車で住宅街をぐるぐる回ってました。(数分に一回)

 

こちらもA氏曰く、今日はまだ少ない方だということでしたがこの地域においてはごく普通の光景らしいです。

 

とりあえず、しばらくの間はこの地域に車で行くのはやめようと思います。

 

下町の高級車はとても怖い。

SEOライティングで実用性の高い無料ツール5選

普段WEBライティングを行うとき、どんなツールを使っていますか?

僕は本業でSEOライティング関連の仕事をしていたりするので日頃から現場で導入してみて効果があったツールの共有や情報交換をする機会が多いです。

個人でも色々なツールを試してみて執筆の時間短縮に繋がったツールやSEOコンテンツ作成に使えそうなツールを溜め込んでいます。

これから紹介するものは数あるツールのなかで存在を知ってから今も使い続けているものの一部に絞りました。

全て無料はもちろんのこと今すぐ使えます。無料だけど登録が必要とかは省きました。DLなしでブラウザで使えます。

サイト分析編

Ubersuggest

f:id:masayukinoko:20190831140357p:plain

リンク先はこちら

キーワード選定やボリューム調査に関してはキーワードプランナーが有名ですが有料になってしまったのでこれから対策を始める方は機能ごとにツールを使用されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

手間も時間もかけたくない方にはUbersuggestがおすすめです。キーワードプランナーでやっていた部分はほぼ網羅できるのと、簡易的ですがGAやGSCに似た機能も実装されているので基本的な部分はこれ一つでOK。

狙うべきキーワードに対してサジェストも表示してくれるのでどこから狙うかなど目星もつけやすいです。

このツールが素晴らしいのは・キーワードの検索ボリューム調査・自サイト/他社サイトの流入キーワード、月間のトラフィックドメインスコアまで一目で調査できるってところですね。

特に他社サイトの調査ができるのはすごいです。気になるブログを見つけたらとりあえずドメイン打ち込んで調査しちゃいましょう。

自サイトの調査においては記事作成や過去記事のリライトの際に活用しています。

Internet Archive Wayback Machine

f:id:masayukinoko:20190831140331p:plain

リンク先はこちら

URLやドメインを入れるだけでWebサイトの過去のキャッシュを全て閲覧できます。

これは有名ツールなので使っている方も多いとは思いますが、例えばお気に入りのWEBサイトやライバルサイトにアクセスしてみたらリニューアルしていた…なんてこともあると思います。

そんなときはこのツールに相手サイトのドメインを入力すれば、WEB上にアップされてから現時点までのサイト構成やコンテンツを見ることができます。

特に運用歴の長いサイトの初期のデザインはなかなかチープで楽しめます。

このサイトにデータが取得されていない場合は閲覧できませんの必ずしも全てのサイトが出てくるわけではないのでその点だけ注意を。

isitwp

f:id:masayukinoko:20190831140338p:plain

リンク先はこちら

アフィリエイターやブロガーが使用しているワードプレスのテンプレートを調べるツールです。

テンプレートってどれを使えばいいのかたくさんあって迷いますよね。※はてなのテンプレートでおすすめあったら教えて欲しいです…

新規サイト立ち上げの際に各ジャンルで有名なブロガーの方のテンプレートを参考にさせていただくことがあるのですが、導入率の高いテンプレートの方がSEO面も加味されており何かと捗るのでたまに使っています。

ライティング編

CopyContentDetector

f:id:masayukinoko:20190831140324p:plain

リンク先はこちら

本業では自らライティングする他に作業の一部を外注さんにお願いする場合もあったりします。

記事が納品されたらまず最初に行うのがコピペチェック。

あまり知られることはありませんが、納品物が明らかに他サイトからのコピペってめっちゃ多いです。

そんなときに必須なのがコピペチェックツール。

無料でも精度が低いものから回数制限ありなど様々あるなかでCopyContentDetectorは信頼性も高いので本業で使用しています。

正直、僕はクラウドソーシング系のサイト経由だとライティングの質を担保できない場合が圧倒的なので使っていません。

あくまで経験談なので全てのクラウドソーシング系がという意味ではなく、レベルの高いライターさんもいらっしゃいますが、以前に比べて減った印象です。

ですがいまだに大手SEOライティングの会社さんの中にはクラウドソーシング経由でライターに依頼をかけるケースが多く、納品前にクオリティチェックも行なっていますがそれでもヤバイ記事が多いのも事実。

重複率が高い記事はその時点でチェック終わり、外注さんに戻します。

もしご自身で他サイトの引用コンテンツをリライトして使う場合は、このツールでの重複率を20%以下に下げれば経験上記事の順位には影響は少ないかなと思います。

※ただし、リライトした上で上位サイト情報をまとめてあげる+独自性を盛り込むのを忘れずに。ただリライトしても評価されません。

共起語ツール(簡易版)

f:id:masayukinoko:20190831140405p:plain

リンク先はこちら

サクラサクラボが提供している共起語ツールの簡易版です。

SEOライティングをやっていると必ず出てくる共起語。

例えば”牛丼”を例に挙げると「吉野家 」「松屋 」「牛肉 」「男性 」「ごはん 」「玉ねぎ 」「紅生姜 」「つゆだく 」のように、検索ワードに頻繁に出てくる言葉を指します。

上位表示を狙いたい記事があったら盛り込んでみるのもいいかもしれませんが、語るべきジャンルに対して深い情報が盛り込まれているならば調べなくても盛り込まれていくものなので無理に共起語を突っ込む必要はないと思います。

検索結果で1ページ目に表示されている記事のリライトに対して使用します。

個人的に1ページ目以下は共起語以前の問題なので構成から見直し&書き直し対応としています。

ちなみに本業ではミエルカという有料ツールを使っています。このツールは本当に基礎的なツールなのでもう少し深いものが良いならサクラサクラボの本ツールが良いです(無料だけど登録必須)

まとめ

今回紹介したツールは有名なものばかりなのでご存知の方も多いかもしれません。

しかし、最近ブログ始めた方やライター初心者の方は有益なツールなのでぜひ試してみてくださいね。

今回ご紹介したお役立ちツール系やSEOライティング系のテーマが需要あったらまたやろうかと思います。

ではまた次回。

雨男雨女を治す方法は?現役雨男が語る雨の楽しみ方

f:id:masayukinoko:20190830093717j:plain

雨男(雨女)とは、お出かけしようとするとなぜか高確率で雨が降ってしまう人のことを指します。

お出かけのときに雨が降るだけならまだしも、僕はなぜか子供の頃から今現在も雨や水難に関するイベントには数多く遭遇してきました。

  • 旅行や遠出する日など、事前に予定組むと当日雨が降る
  • 大雨で増水した川に流され危うく死にかける
  • 引っ越しのたびに住んでいた家が3回浸水
  • 成人式、入学式や卒業式などのイベントは8割雨

…など、挙げたらきりがありません。

実はこの記事を書いているこの瞬間も、実は結構前から企画してた予定だったのですが、、雨が降ってしまいほぼキャンセルに。なので雨についてのテーマにしてみました。

雨男雨女を治す方法は?

残念ながらありません。少なくとも個人的にはないと考えています

雨男雨女について調べてみたら思った以上に検索結果がスピリチュアルでした。お祓いとか…(笑)

結局のとこ心の持ちようなのかなーと。ま、事あるごとに雨ばっか降ってたら気持ち的にもネガティブになっちゃいますよね。

自分の予定に合わせて事あるごとにピンポイントで雨が降るので不思議ですが、こればっかりはタイミングなのでそういう星の元に生まれてしまったということで納得するようにしてます。

現役雨男が語る雨の楽しみ方

釣りをする

近所に割と小さな川があるのでカッパ着て釣りします。

釣りといっても手竿と呼ばれるリールのついていない竿に釣り糸をつけてハゼとか釣ると楽しいです。

これは雨上がりな状況に限定となりますが、結構釣れるのですが海や大きな川は危険なのでやめましょう。

家で過ごす

雨男/雨女の皆さんはこのパターンが多いんじゃないですかね。

せっかくの予定が雨で台無しになってしまった…と嘆きたくもなりますが、こういった日に無理に予定を進めようとすると大抵失敗します。

悪い事ってなぜか続くので終わるまでやり過ごすのが一番。部屋でぼーっと過ごしたり、昼間からお酒を飲んでみたり、、僕は先日また雨で予定が潰れてしまったので自宅のキッチンで飲みながらチャーシュー作ってました。料理もアリです。

車でドライブ

友人から勧められた方法で、結構良い気分転換になります。いつも通る道であっても雨が降ってるとちょっといつもと違う雰囲気で楽しめたり。

また、車を持っていなくて、カーレンタルとかカーシェアとかそこまで費用もかからず楽しめますね。

まとめ

せっかくの楽しみな予定が雨で変更を余儀なくされたり、場合によってはキャンセルになってしまうのって辛いですよね。

改めて何をしようか予定を立てたりするのも面倒に感じるかもしれません。が、あえて普段できない(やってない)ことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

と、いう事で僕は家族も出かけてしまったので何をしようか…これから考えます(笑)

ポケモンカードゲーム(ポケカ)を6歳の息子に買い与えたら明らかに知能指数が爆上がりした件

f:id:masayukinoko:20190829031950p:plain

 

ども。masayukinokoです。

今回から、今後のブログ記事の方向は素に近いというか、ちょっとユルめの内容でいこうかと思います。(特に口調とか)

約1年ぶりくらいにブログを再開したわけですが、停止期間中は色々あったなあと思いつつ、、

かといってこれまでの記事ではあえて個人が特定されないように強く意識していたので、それこそ自分が何者で何をしている奴で何を考えているのかなどのトピックは出さないようにしていました。

が、なんだかんだ自分の駄文を読んでくれる方やコメント等でリアクションしてくれる方もいらっしゃったりと、驚くばかりです。本当にありがとうございます。

そんなこんなで色々考えた結果、素でいこうと思った次第です。

これまでの方も初めましての方もお付き合いのほど、何卒よろしくお願いします。

ってことで長くなりましたが本題いきます。

人生で初めてポケモンカードゲームポケカ)に触れた僕

つい2週間くらい前まではぶっちゃけポケモンカードゲームの存在すら知りませんでした。

いわゆるトレーディングカードゲームのひとつで、有名なものだとマジック:ザ・ギャザリングとか遊戯王とか。それのポケモン版ってやつですね。(ガチ勢の方、説明違ってたらスミマセン。。にわかなのでご勘弁を。。)

僕がポケモンを知ったのは小学5年生くらいで、当時はゲームボーイで「ポケットモンスター赤・緑」って名前でした。自分はタイミング的なアレでプレイすることなくゲームボーイも卒業してしまいました。

で、令和の時代になり、6歳の息子が熱狂的なポケモン信者になってしまい、アニメや映画も一緒に見させられる状況ですのである意味洗脳に近いかもしれません。

そこで初めてまともにポケモンのルールやら仕組みやらを知り、気づいたら船橋にあるポケモンセンターにて、息子と一緒にポケモンカードゲーム教室(初めての人が予約制で受けられる体験教室)に半ば強制的に参加したって感じです。

僕自身、ポケモンカードゲームポケカ)にハマったわけじゃないので詳しい話はガチの方のブログをご覧ください。ここでは特に語りません。

ルール自体はとてもよく考えて作られているし、子供から大人まで楽しめます。実際、ポケモンセンターでは子供に混じって大人同士でプレイされている方も多数いらっしゃいました。

ポケモンカードゲームポケカ)に熱狂的にハマっている息子

僕には6歳になる息子がいるのですが、ポケカを買ってからというもの、ここ2週間は朝と夜に無理やりプレイに付き合わされています。

僕はしがないサラリーマンなので、仕事でヘロヘロの日もあるし前日の飲み会でお酒が抜けない日もあります。ましてやアラサーを迎えてから体力的にもしんどい日もあります。

しかし息子には全く関係ないので、朝は6時から、夜は寝る前にと、問答無用で毎日最低2回は対戦させられる毎日を過ごしています。

仕事が終わる頃の時間になれば息子から電話がかかってきて、今すぐ帰ってこいとまくし立てられる様は借金取りのアレと同じで、電話にでるまで何回でもコールされる始末。

また、休みの日はほぼポケモンセンターに連れて行けとリクエストがあり、毎度教室に参加するために予約をさせられます。

世のお父さん方は似たようなものだろうと思いますが、ピカチュウイーブイは全然可愛く見えません。

ポケモンカードゲームポケカ)を始めてから息子の知能が爆上がり中

ポケカの対象年齢は9歳らしく、ゲームの進行方法や仕組み・ルール面においては多少複雑な部分もあるので6歳には正直まだ早いかなーと思ってました。

なので購入当初はカードに書かれている字も満足に読めないし、バトル中相手のポケモンにダメージを与えたらその分HPも減るという概念を理解できなかった(ちょっとした算数ですね)ことが多々ありました。

都度僕が字を読み、言葉の意味を教えてあげて、ダメージの概念(簡単な足し算)の説明を繰り返した結果、わずか2週間でルールやゲームの概念、言葉の意味や算数、挙句には漢字まで読めるようになってしまいました。

最近では僕が息子に聞いて教えてもらっています。どうしたら勝てるのか、息子にコツや使うカードのタイミングを聞いています。

まとめ

  • 息子がどんどん強いポケカを欲しがる欲求が増して買わされるため、お小遣いが足りません。
  • 僕の睡眠時間およびプライベート時間がポケカによってとてつもなく削られています。
  • 子供に抵抗なく勉強をさせてしまうポケカってすごい。

ではまた次回!

子どもの癇癪(かんしゃく)はデスメタルだと思え

「子供の癇癪(かんしゃく)」と言えば、小学生以下の児童が感情のおもむくままにカマしてくるアレ。

 

独身時代に他人の子供が何かしらの理由で癇癪を起こしている場面を見れば、親のしつけがダメだから子供が癇癪を起こすのだろうと思っていた。

 

また、迷惑だからとにかくどんな方法でもいいから子供を黙らせろクソ!

 

と、思っていた。

 

が、いざ当事者(癇癪持ちの子供の親)になってみると、、、、

 

とにかく強烈。自分には二人ほど子供がおり、特に次男の癇癪がひどい。

 

寝起きはもちろん何かしら気に食わないことがあったときなど、感情のおもむくままに泣き叫び、思いの丈をぶつけてくる。

 

とてつもなくパワフルで、とてつもなくストレスを感じる。

 

我が子への虐待のニュースや子育てに悩む親が多いと聞くが、痛いほど共感できるし、一歩間違ったら自分もそっち側にいっちゃう瞬間があるのかもな…などと、我が子の癇癪に対応しながらもう一人の自分が頭の中で客観的に分析をしている。

 

私はどちらかといえば性格がひねくれているので子育てにおいてもまともに子供とやりあったりはしない。

 

真正面からぶつかってストレスを背負うのも体力の無駄だし、かといって頭ごなしに厳しい対応をすれば虐待になりかねない。

 

妻は子供と真正面からぶつかっていつも大事故を起こしており、暇があればネガティブな子育て論を展開しつつ最終的に私に八つ当たりしてくるので巻き込み事故を起こしてしまうため、極力関わらないように努めている。

 

で、本題であるが、子供が癇癪を起こしたとき、私はいつもデスメタルを耳元で大音量で聴いていると思い込むようにしている。

 

デスメタルとは、いわゆる「ヘヴィメタル」と呼ばれる音楽ジャンルの中の一つのサブカテゴリーみたいなもので、日本国内でのメジャーどころだとX JAPANラウドネス、babymetalあたりなら知ってる方も多いのかもしれない。

 

私は音楽ジャンルとしてのメタルが子供の頃からとても好きで、小学2年生からX JAPANに始まり国内外様々なメタルの洗礼を浴びてきた。

 

 

とりあえず癇癪はメタルの新譜だと思って気楽に聴いていると良いかもしれない。

 

つい昨日、次男を風呂にいれようとしたら嫌がって癇癪を起こしたので下記のYouTubeを大音量で流してデスボイスであやしてたら最終的にヘドバンしてくれたので真面目にアリかもしれない。

 

youtu.be

 

 

上司は部下に生かされている気持ちを忘れたら終わり

私は事業会社に勤めているのだが、割と短期間で人がとてつもなく増えた。人が増えるに伴い必ず付いて回るのが社内の人間関係だ。

 

やれ●●がどうしただの、××とは仕事がやりずらいだの、そこかしこで有象無象のトラブルが起こっており、なぜか無駄に社歴の長い社内ニートの私の元に相談がくることが多い。

 

最近多いのが部下のマネジメントに悩むという相談で、前提としてお互いにコミュニケーションが不足しているのは当たり前なのだが、上司側の人間が部下に対して不満を持っているケースが多いように思える。

 

部下へのマネジメント方法はいくつかあるが、昔ながらのワンマン的な方法だと上司に余程のカリスマ性がない限り反発が生まれるし部下の心を折ってしまう。恐らくは今の時代に沿わないやり方なのだろう。

 

部下へのマネジメントで大切なことは、失敗してもいいからとにかく任せてみることではなかろうか。ただ、任せると見せかけて丸投げしているケースをよく見る。

 

これの明確な違いは一つで、『任せる』は基本一緒に進めるが意思決定が必要になった時に部下に決断させること。

『丸投げ』は最初から最後まで面倒な対応は部下にやらせて、意思決定の際だけ上司が巻き取ること。

 

とにかく、部下への丸投げしてる上司が多い気がする。

 

上司がやるべきは部下に仕事をさせるのではなく、いかにその気にさせるかではないだろうか。

 

祭りで例えると上司は神輿で部下は担ぎ手である。だから部下に気持ちよく担いでもらわないといけない。上司は部下に生かされている気持ちを忘れたら終わりなのだ。

動物占いの的中率は100%

私は数字が嫌いなのだが、この世はあらゆる場面でとにかく数字が出てくる。とりわけweb業界にいると数字の可視化を目的にしたコンサル業の営業が多い。

 

『御社の施策を可視化して売り上げに貢献したい』とか、『広告効果を可視化して改善点を導く』など、きれいで胡散臭い言葉が並ぶ。

 

web業界でなぜコンサルがたくさんいるかと言えば、それだけ情報弱者が多いというか、自分の会社の売り上げにしか興味がなく、妄信的に仕事してるところが多いからだろう。

 

私が今まで見てきたコンサルで一番酷かったのは社長の親戚の弟の知り合いとかいう(その時点でよくわからない)ヒューマンコミュニケーションスキルアップのコンサルという、一言で言えば自己啓発なアレであった。

 

当時私はリフォーム関連の会社でクソブラックな会社にいた。夜中12時近くまで仕事をすることを通称『テッペン』と呼び、近所の閉店間際のマクドナルドのセットを上司に奢って貰い団結力を高め、手取り17万というヤバイ会社だった。

 

で、ある日急遽社長命令でコンサルのセミナーを受けることになり大手町の雑居ビルに召集されたのだが、事前に予定していた打ち合わせでどう考えても間に合わずなぜか怒られて別日で私だけ自腹で3000円を払いコンサルのセミナーを受けた。

 

室内に入るなりえらく高いテンションで今の悩みは●●でしょう?私にはあなたの目を見ればわかるから大丈夫!など、『とりあえずコイツ消えてくれないかな』と思っている私とは裏腹に熱弁をふるってくれた。

 

途中ディスカッションと称して10年後の自分に向けてエールを送るという謎の〆でセミナーは終わったのだが、あれから10年経ちあの時の私にアドバイスするならば一つ言いたい。

 

この先お前の人生でコンサル名目の自己啓発系占い師が現れていずれもお前は騙されるから気をつけろ。

信じていい占いは動物占いだけだ。的中率100%だし風水や手相などメジャーな占いなんかより当たる。とにかく当たる。当たりすぎて価値観が変わる。とにかくあの占いだけはガチだから安心しろ。ただし、お前が動物占いにハマって半年後、飲み屋で知り合った動物占い好きの女性と意気投合するが、数ヶ月後にネズミ講のビジネスに契約しろと迫られるから深追いするな。絶対にだ。

 

事業会社のweb部門で働くということ

今私が働いてる会社は某業界で割と最近注目されている成長中のベンチャーだったりする。

 

で、そこのマーケティング部門のコンテンツ周りを担当してて、具体的には自社サイトの更新だったりseo対策記事書いたりと、割と忙しい毎日だ。

 

そんな今の会社も数年前までは知名度もなくて、ぶっちゃけブラック企業にどっぷり浸かっていたのだが、有能な経営陣の努力のおかげで割と儲かっていたりするし社内の福利厚生みたいなのも最近では充実してきた気がする。

 

なので私みたいな意識低い系社員、いわゆる社内ニートのために昼夜会社経営に尽力されている経営陣の方々には足向けて寝れないのだが、私は今このブログを書くにあたり自宅のソファーにふんぞり返ってスマホでポチポチ文字を打ち込んでいるわけだが。

 

前置きが長くなったが、事業会社のweb部門で働いていると毎日営業電話がかかってくる。やれ広告の運用やりますだの御社サイトの改善提案しますだの、とにかくあの手この手で打ち合わせしようとこちらの話に耳を傾けず打ち合わせ日程をねじ込んでくる。

 

私は過去にweb制作の提案営業系の会社に勤めていた時代があるのだが、とにかくしんどかった。クソみたいなクライアントのためにペコペコ頭下げて、受注したらしたで奴隷のようにこき使われて定期的に提出するプレゼン資料のために朝から晩までプライベートの時間削って仕事していた。

 

あれから数年経ち、業務内容は当時とそこまで変わらないが、制作会社のwebディレクターと事業会社のwebディレクターでは扱いが全く違う。例えるならばカースト制のようであり、事業会社はカーストの頂点に君臨し、事業会社の仕事を受けるweb制作会社はとにかくゴマをすって仕事を貰うのに必死だ。

 

先日、私が今の会社に勤める前に就活してて面接でボロクソ否定されたweb制作会社から営業電話が来たので私を否定した担当に繋いでもらいボロクソ施策を全否定しておいた。

 

やられたら、やり返す。