人生は割と想定外

人生は割と想定外

様々なジャンルのニッチな話題を一方的な独断と偏見で深掘りしてく雑記ブログ

【所要時間15分】無限に食える!にぼしペペロンチーノの作り方を紹介したい

ども。masayukinokoです。

平日はサラリーマン、土日は主婦業(家事全般)という日々を過ごしています。

冷蔵庫のあり物で色々作ってますが、この前作ったパスタが家族にえらく好評だったので備忘録もかねてこちらに記すことにしました。

 

無限に食える!にぼしペペロンチーノの作り方 

f:id:masayukinoko:20190908003226j:plain

 

材料 

・パスタ
・オリーブオイル
・にんにく(チューブタイプでOK)
・にぼし粉末(粉末だしでもOK)
・塩コンブ 

 

これだけ。料理をするようになってから調味料の偉大さに感銘を受ける日々です。

数ある調味料の中で最も使うのがにんにくチューブ。和洋中問わず使えるし本当に万能。

 

f:id:masayukinoko:20190908003819j:plain

 

フライパンでパスタを茹でます。

 

入れる水の量はフライパンに対し半分くらい。目分量で良いです。

 

僕が使っているフライパンは底が深めのタイプで、鍋で作る系の料理もこれ一つで事足ります。

 

f:id:masayukinoko:20190908003954j:plain



塩を気持ち多めで入れて袋に書いてある通りの時間で茹でます。

 

パスタを茹でるときは基本的には鍋を使うかと思いますが、後片付けが大変なので僕はいつもフライパンを使っています。鍋を使わないってだけでほんと楽です。

 

f:id:masayukinoko:20190908004204j:plain



パスタが茹で上がったらザルにあげておきます。

 

 

f:id:masayukinoko:20190908004226j:plain



フライパンにオリーブオイルを気持ち多めに入れます。

「気持ち多め」ってのは結構重要なので説明は後ほど。

 

f:id:masayukinoko:20190908004326j:plain



にんにくチューブを5センチくらい、弱火で1分くらい炒めます。

中火や炒める時間が長いとにんにくが跳ねてヤケドする恐れがあるだけでなく、にんにくの風味もなくなる気がします。主観ですが。

 

 

f:id:masayukinoko:20190908004358j:plain



この料理の主役、にぼしの粉末を入れます。

にぼしの粉末はそのまま使うにはエグ味を感じるため、炒めることでエグ味を飛ばすことができます。

 

f:id:masayukinoko:20190908004457j:plain

 

弱火で2分くらい炒めるとにぼしの旨味が出るのでじっくり炒めます。

 

f:id:masayukinoko:20190908004551j:plain

 

茹でたパスタを鍋に戻して炒め、塩コンブを入れます。分量は1人前に対しひとつかみくらいで良いです。あまり入れすぎるとしょっぱいので控えめで。

 

f:id:masayukinoko:20190908004619j:plain

 

完成!

 

口に入れた瞬間、煮干しがガツンと口の中で広がり、塩コンブとにんにくの旨味が後から追いかけてきます。

 

煮干しラーメンが好きな人だったら絶対に好きだと思います。反対に煮干しや魚介系が苦手な人は微妙かも…。

 

とりあえず記事を書いている途中から食べたくなってきたので今日はこの辺で。

 

もし食べた方がいらっしゃったら感想聞かせてください!